2018年10月17日水曜日

勉強量と結果




こんにちは!
学習塾FLAPS、講師の川島です。
いつのまにか、季節はすっかり秋模様となってきましたね。

さて、今回のブログでは
先日の中間テストの結果と、勉強量の関連について書いていきたいと
思います。


今回の中間テストは
上溝中、小山中、堺中の3校で行われました。


中1は夏休み明け1発目の大事なテストであり、
中2は受験に使う内申点に関わる大事な時期のテストであり、
中3は言うまでもなく、とても大事なテストになります。


そんな中間テスト、果たして結果はどうだったのでしょうか!!??


「宿題をがんばる前髪パッツンの女の子宿題をがんばる前髪パッツンの女の子」[モデル:ゆうき]のフリー写真素材を拡大









、、、、と、その前に


生徒達の今回のテスト勉強の様子を見ていて、思ったことがあります。


それは

勉強量=結果

という図式が綺麗に成り立っていたということです。

毎度のことながら、生徒達には
”テスト2週間前になったら、どんどん自習に来てください”
と呼びかけているのですが、
今回の自習参加率は約90%ほどで、全員がしっかりと自習しに来るわけではありませんでした。
ただ、その中でも、特に頑張ってくれていた子たちは
ほぼ毎日自習に来てくれていました。


結果として

数学で、100点!!(上中3年生)

中3で5教科合計463点(上中3年生)

国語20点アップ(上中2年生)

数学15点アップ(上中1年生)

英語90点以上(小山中、上中)

国語90点以上(小山中2年生)

などなど、ここに書ききれないくらいの成果を出してくれた子達が
沢山いました!!

しっかりと成果を出してくれた子たちは
もれなく全員、テスト前の自習に積極的に参加してくれていました。

自習にくればいいといいうわけではありませんが、
来てくれた子たちは、家でだらだら過ごす時間の代わりに
勉強をしていました。

つまり、勉強の質も大切だと思いますが、
まずは量でしっかりと準備をすれば、質を凌駕する結果が出るという事です。


「ノートと筆記用具ノートと筆記用具」のフリー写真素材を拡大


質も大切にしつつ、でもまずは勉強量をとにかく増やしていくことが
大切です。

これから約1か月後、全部の中学校が期末テストを迎えます。
その時に、しっかりと満足のいく結果を出すために、
質を凌駕する量を。

頑張りましょう!




0 件のコメント:

コメントを投稿