2018年9月21日金曜日

正しい姿勢で成績アップ!?



お世話になっております。
学習塾フラップス南橋本校の羽鳥です。



肌に触れる秋風が心地よい季節となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。






さて、といえば
食欲の秋』『読書の秋』『スポーツの秋等々…

何をするにしても過ごしやすい季節だと思います。




もちろん、『勉強』も同じです。




そこで今回は、そんな勉強効率を上げるため


【姿勢】に焦点を当ててお話しをさせていただきたいと思います。








正しい姿勢で成績が上がる!?


「良い姿勢をしなさい!」「背筋が曲がってるよ!正しい姿勢で勉強しなさい!」



...これらは、誰もが耳にしたことのある言葉だと思いますが


そもそも、なぜ正しい姿勢を取らなければいけないのでしょうか?



それには大きく分けて3つの理由があります。





()集中力アップ!


 ふだんの生活の中で、情報を処理したり、整理をしてくれる私たちの【脳】


酸素の量が足りていないと、頭の回転が悪くなってしまったり、眠気に襲われたり


してしまいます。


しかし、正しい姿勢だと、胸が開き呼吸がしやすくなり自然と呼吸が深くなります


すると、脳に十分な酸素が行き渡り、集中力が上がるということ


す。



(2)疲れにくくなる!


 実は、一見楽に感じる猫背などの間違った姿勢は、余計な筋力をつかって身体の


バランスを取ろうとするため、非常に負担がかかります。つまり、間違った姿勢を


続けると肩こりや腰痛の原因にもなり得るということです。


 そのため正しい姿勢を身につけることで、勉強をしていても疲れづらくなり


余計なストレスも感じづらくなるということです。






(3)見栄えが良い

 学期末に渡される通知表は、当然学校の先生がつけるものです。


しかし、学校の先生は提出物や定期テストの点数だけで評価をつけているわけではありま


せん。


授業中の授業態度や生活態度も、多分に評価の基準として

使われます。


そんな授業態度ですが


正しい姿勢で背筋がピン伸びた生徒と


姿勢が悪く、一見寝ているようにも見える生徒...


どちらの方が印象が良いかは、もう言うまでもありませんね。









このように、正しい姿勢には多くのメリットがあります。



そこで、最後に正しい姿勢の作り方をお伝えしたいと思います。



②正しい姿勢のつくりかた

 一般的に、猫背や背中が剃りすぎている状態が悪い姿勢とされ
「背骨がS字カーブを描いている状態」が良い姿勢と言われています。



そのため
もし立っている場合は

(1)両肩を上にグイッと上げる
(2)そのまま肩甲骨を広げ、肩を後方にもっていく
(3)力を抜いて、肩をストンと下に落とす


そして
椅子に座っている時は

(1)椅子の背もたれの近くまで、お尻を引く
(2)その状態で身体を起こす



このような手順を踏むと、自然に力が抜けた状態の良い姿勢をつくることができるはずです。




ぜひ、二学期は良い姿勢を意識して
学校の授業や普段の生活に取り入れてみてください!










【小学校】

横山小学校
上溝小学校
上溝南小学校
作の口小学校
星が丘小学校
九沢小学校
清新小学校
小山小学校
陽光台小学校
新宿小学校

・・・etc

【中学校】

清新中学校
上溝中学校
大沢中学校
上溝南中学校
小山中学校
弥栄中学校

・・・etc


FLAPS南橋本校には、様々な学校から生徒が集まります!





0 件のコメント:

コメントを投稿