2016年4月22日金曜日

ドリームプランニング・Go!プラ開催!

いつもお世話になっております、FLAPS南橋本校の小林です。


先週の4/16(土)に

南橋本校では初めてとなる、

第1回 ドリームプランニング

第1回 Go!プラ




が開催されました!!

詳細は前回の岸川先生が書いたブログをご覧ください!


ドリームプランニングでは、



将来の夢やなりたい職業・自分が興味があるもの等を可視化する、ドリームボックスを作成しました!!






写真は水越先生が手順やルールの説明をしている様子です。






生徒のみなさん、本当に個性的なドリームボックスを作ってくれました!



パティシエになりたい!

公務員になりたい!

ジュエリーデザイナーになりたい!

エジソン(発明家)になりたい!

海外を飛び回る人になりたい!

妖怪になりたい!  (!?)




などなど、他にも保護者様がびっくりするような夢を書いてくれた生徒もいました。

また、その「夢」を叶えた自分へメッセージを考えて書いたり、その「夢」を叶えるためにはどうすれば良いのかを考え、質問し、具体的に書いていき、夢の宝箱を完成させていきました。


みなさん、とても良い顔で「楽しかった!!!」と言ってくれていました。

参加してくれたみなさん、本当にありがとうございました。













さて、昨今の日本社会では、




若者に夢がない・・・

若者に活力がない・・・

ゆとり世代は・・・



などなど、様々なことばが行き交っているのをよく耳にします。




「そうか、昔に比べて果たして今の子供たちは気力がないのか。」

「そうか、俺たちってダメなやつなのか・・・」










うーん・・・。本当にそうでしょうか?





一億総中流社会・・・豊かさの弊害・・・などなど、原因は多岐に渡るかと思います。


ただ今日は上記の意見に対して、実際に教育現場で生徒たちを見ていて強く感じることをご紹介します。




そもそもなりたい職業がない・・・というより、知っている職業が非常に少ない

ちなみに厚生労働省の職業分類表によると、世の中には2000以上の職業が存在すると言われていますが、例えば「英語」「サッカー」「アニメ」に関係する職業・・・いくつ知っていますか?



いいな・・・と思っていても「どうやったらなれるのか」を教えてくれる機会もないし、あいまいで、現実味がない

「〇〇になりたい!」という生徒に、じゃあ、どうやったらなれるの?と聞いてみればわかります。

学校の作文で書きなさい、と言われたからとりあえず書いてみた・・・けれど結局よくわからないから、特別そのために努力することもない

「面倒くさい」という想い出と結びついて、よけい夢が輝いたものに見えなくなっていく

なんとかひねり出して書いたり、「どうせ実現しないし」と諦めてしまう。








こんな風に感じる方が、年齢問わずいらっしゃるのではないでしょうか。

それもそのはず。



子供のころに「夢」を実現させるためのアプローチを充分に重ねてきていない



そんな人が、非常に多いのではないかと思います。

恥ずかしながら、私もその一人だったな、と改めて活き活きとドリームボックスを作る生徒たちを見ていて感じました。





また、

Go!プラに関しても次回、このブログで様子をご紹介させて頂ければと思います。



それでは、本日はこれで。








【小学校】

横山小
上溝小
上溝南小
作の口小
星が丘小
九沢小
清新小
小山小
陽光台小
新宿小

・・・etc

【中学校】

清新中
上溝中
大沢中
上溝南中
小山中
弥栄中

・・・etc

FLAPS南橋本校には、様々な学校から生徒が集まります!


0 件のコメント:

コメントを投稿