2016年3月18日金曜日

新学年と基準

今週は生徒たちから


「6年生を送る会をやった!!」  「ついに卒業した!!」


などの声が聞こえてきました。



卒業したみんな、おめでとう!


クリックすると新しいウィンドウで開きます



出会って3か月ほどしか経っていませんが、色々と葛藤しながらどんどん大人っぽくなっていくみなさんの顔を間近で見ることが出来て、とても嬉しかったです。


また、いよいよ春休みになり新学年がすぐに始まるのだなと感じております。




いつもお世話になっております。

FLAPS南橋本校 数学担当の岸川です。


新学年が始まるということは、みなさんがまた一つお兄さん、お姉さんになるということであり、大人

になる道を一歩進んだということであり、、、そして勉強がまたレベルアッ

プする、、、ということでもあります。


クリックすると新しいウィンドウで開きます


そこで最近聞かれることが増えているのが、




次学年になったらどのくらい勉強すればいいんですか?


といった質問です。

そして私がいつも



学校や学年によって全く異なります


と答えています。




南橋本校の地域では学校ごと、もしくは学年によっても取り組みが全く異


なり、子供たちの勉強量から習熟度まで、大きく差が出ています。




それによって、

・ある学校の生徒にとっては当たり前の宿題量も、別の学校の生徒にとってはとてつもなく多く感じる

・高学年や中学生になって急に勉強についていけなくなる


などの問題が出ています。


子供たちはまじめにやっているのにも関わらずです。



FLAPSに通って頂いているお子さんも始めはみんな同じような状況でした。


今ではやらなければいけないことに向き合い、取り組む習慣を身に付けようと日々奮闘してくれています。


春休みは普段よりも勉強をしなくなる傾向が強いタイミングでもあります。


是非一度、学年の更新時に春期講習などで今の習熟度や勉強量を見直してみてはいかがでしょうか?








0 件のコメント:

コメントを投稿